2006-04-27

λ Trac におけるクロスサイトスクリプティングの脆弱性

Trac 0.9.5 になっている。

ports/japanese/tracは現時点ではまだ未対応。 ports/www/tracは対応済み。

ports/japanese/trac/Makefile の中にあるバージョン番号を 0.9.4 → 0.9.5 に書き換えて、 make makesum; portupgrade japanese/trac で更新した。

λ Livedoor Reader

ここんとこしばらく Lunascape でRSSウォッチしていたのだが、 Vodafoneパケ代の恐怖 という状況下だと「クライアントマシンから勝手にRSSをチェックしにいくのは困る」、 という理由で使いずらいなあと思っていた。(あとまとめて既読にする機能が欲しかった)

そんなわけで Livedoor Reader。Lunascape 側の設定は放置なので、タブブラウザとしては Opera, Firefox を試用中。

左に Livedoor Reader Subscribe 用アイコンも貼ってみた。

λ VMWare Server β

FreeBSD の minimal インストール状態で少し触ってみた。

  • Diskイメージは圧縮されてないみたい。がっつり食われるのでノートだと使いずらい?
  • インターフェースはWeb経由のもあるけど、そうでないのもある。ローカルマシンでの操作ならMS VirtualServerよりもサクサク動く。
  • 仮想ネットワークは 0番から9番までの10個用意されている。0番は基本的にホストマシンとのブリッジ専用。8番はNAT経由で外部への接続可能。それ以外はVMWare内部ネットワークで、DHCPを使うことも可能。
  • FreeBSDというゲストOSタイプを指定可能、追加ツールもあるが、どっちかというとXwindowへの対応用であって、カーネルモジュールがあるわけではなさげ。時計の合わせ方が分からん。

仮想マシン上のFreeBSDでzebraを使ってbgpのテスト環境を作りたいだけなのだが…

時計が合わない環境でルーティングプロトコル扱うのは危険だが、Linuxだと IPv6 の扱いが微妙っぽいし。悩ましい。

[]