2006-04-26

λ Lets'Note 新機種

Bluetooth 内蔵なら買い換えたかもしれんが、パス。

(追記) バッファロー 2GBのDDR2メモリも受注生産 が 5〜10万円の間だったら検討したかもしれんが、20万ではbit単価高すぎ。

λ A Crash Course on ASP.NET Control Development: Template Properties

ASP.NET 2.0 でのリッチな Web Control は内部的にテンプレートをかかえられるようになっていて、 細かい制御もやり放題っぽいのだがいい資料がなかなかなかった。

λ .jp ドメイン更新

お名前.com から3度目の電話催促。営業をがんばってるっつーかなんつーか。

今回は根負けしたが、将来的にはJPRS(JPDirect)にしやう。インフラ維持してもらっているお布施のつもりで。

λ [FreeBSD] trac の設定

/usr/local/etc/apache22/Includes に拡張子 conf でファイルを置いておくと、 勝手に読み込むapache22の設定ファイルモデルは結構いけてると思うようになったので、 それに準ずるように設定ファイルを書き換えてみた。

/usr/local/etc/apache22/Includes/trac.conf とかいう感じでファイルをつっこむ。

### Trac共通の設定
Alias /trac-htdocs /usr/local/share/trac/htdocs
<Directory "/usr/local/share/trac/htdocs">
  Order allow,deny
  Allow from all
</Directory>

<Directory "/usr/local/share/trac/cgi-bin/">
  AddHandler cgi-script .cgi
  DirectoryIndex trac.cgi
  Options ExecCGI
  AllowOverride None
  Order allow,deny
  Allow from all
</Directory>

### 各プロジェクトの設定
# trac_mimori.org
Alias /trac_mimori.org/trac.cgi/chrome/common /usr/local/share/trac/htdocs
Alias /trac_mimori.org/ "/usr/local/share/trac/cgi-bin/"
<Location "/trac_mimori.org/">
  SetEnv TRAC_ENV "/home/svn/trac/mimori.org"
  SSLVerifyClient require
</Location>

<Location "/trac_mimori.org/trac.cgi/login">
  AuthType Basic
  AuthName "Trac"
  AuthUserFile /home/svn/trac/mimori.org/conf/trac.htpasswd
  Require valid-user
</Location>

trac.ini で最低限必要なのは以下のような設定。utf-8 の代わりに Shift_JIS を使うことも出来る。

[trac]
htdocs_location = /trac-htdocs
default_charset = utf-8

λ Redirectを使わず リンクをクリックした回数をカウントしたい

target=_blank を使わないで新しいウィンドウでリンクを開く方法ユーザがページに滞在した時間をサーバに記録するJavaScript を眺めていてこんなん作ってみた。

「そのリンクをたどって目的地に行った」というログを取るために count.cgi を叩きにいくjavascript。

var LinkCount = Class.create();
LinkCount.prototype = {
    initialize: function(className, parentElement) {
        var elements = document.getElementsByClassName(className, parentElement);
        for (var i = 0, len = elements.length; i < len; i++) {
            Event.observe(elements[i], 'click', this.addLinkCount.bindAsEventListener(this));
        }
    },
    addLinkCount: function(event) {
        var element = Event.element(event);
        var link = element.getAttribute('href');
        var trackurl = "http://mimori.org/count.cgi?u=" + escape(link);
        var image = new Image;
        image.src = trackurl;
    }
}; 

Event.observe(window, 'load', function () {
    new LinkCount('count');
}); 

ここではサンプルとしてカウントを取りたいAタグに class="count" というクラスを割り当てると、そーゆー動作をする。 JavaScriptを使っていない人のことは知らんが、悪さはしないと思う。(リンクは辿れるはず)

[]