2006-04-06

λ 10時間停止

1時ぐらいからマシン止まってた。自動fsck に失敗し、lost+found にファイルが出来た。なんかしらんがRubyのソースファイルだった。

portsディレクトリ中っぽいので、cvsupコマンドを -s オプションなしで起動して中身を更新しといた。

λ [FreeBSD] jot コマンド

ランダムな何かを生成してくれるコマンド

λ SymbianOS での開発 (概要)

一応メモ

そういやPalm上だとLISPあったけど、SymbianOS 上でのLISP系の言語ってないんかな。

λ [FreeBSD] FreeBSD 6.1 Release Process

約1ヶ月遅れ中。もうすぐ RELENG_6_1 branch と RC1 になるかも。

λ [FreeBSD] IBM x346

ACPIを有効にするとSCSIバススキャンのところで止まるし、無効にするとahd0側は認識するのに

ahd1: Dumping Card State at program address 0x21 Mode 0x33

とか言われて何かと思ったが、x346 は ServeRAID 搭載(たぶんZeroChannelRAID)なのでそんなことになっているものと想像される。 (格安で流れてきたマシンのため構成をよくしらんかった)

RAIDを構成しつつ、ips ドライバ経由で使うのがいいんだろうか。でもFreeBSD稼働中にリビルドとかできるのかとかよくわからない。 来週から他社にも公開するサーバにしようという計画になりつつあってどうしたもんか。

λ [FreeBSD] trac で日本語 component, milestone, priority, ticket_type, severity

MacOSXだと何も考えずにシェルからUTF-8を突っ込んでいたが、 FreeBSDだとどうやっていいのやら悩んだ挙句

env LANG=UTF-8 sudo -u www trac-admin /home/trac

とやってUTF-8言語状態のpython環境内でインタラクティブ操作をしてみた。

λ [FreeBSD] いろいろ日本語

…とやってから気づいたが、env LANG=UTF-8 sh とやれば UTF-8 が使えるシェルになるじゃんよ。 ~/.login_conf にこんなん書いてログイン直後から使えるようにしてみた。

me:\
        :charset=UTF-8:\
        :lang=UTF-8:

grep とかでもフツーに日本語使える。

…portsnap は動かないな。つーかtarがこけるっぽい。tar が使えんとさすがに不便だな。

λ [FreeBSD] graphviz 日本語

てことはもしかしてOSX同様に graphviz で日本語が通るかもよ?

パッケージからインストールしてみた。

% env LANG=C sudo pkg_add ftp://ftp.jp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/i386/packages-6.1-release/All/graphviz-2.6_4.tbz
% env LANG=C sudo pkg_add ftp://ftp.jp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/i386/packages-6.1-release/All/ja-ipa-ttfonts-1.0.20040814_1,1.tbz

IPAフォントを入れると、勝手にX11のフォントとして登録してくれたのを fc-list コマンドで確認する。

% fc-list
IPAUIGothic,IPA UIゴシック:style=Regular
IPAGothic,IPAゴシック:style=Regular
IPAPGothic,IPA Pゴシック:style=Regular
IPAMincho,IPA明朝:style=Regular
IPAPMincho,IPA P明朝:style=Regular

でもってUTF-8で日本語の入った dot ファイルを食わせてみる。

% env LANG=UTF-8 dot -Gfontname=IPAMincho -Nfontname=IPAMincho -Efontname=IPAMincho tako.dot -Tpng

できた!! freetype2→GD2 経由でUTF-8はフツーに通っているものと思われる。

ちなみに当初portinstallで入れようとしていたのだが、IPAフォントを使っている配布物のコンパイルの途中でf77を要求されて、 f77を入れていないシステム故コケた。

初代XServe(G4 1GHz)については、OSを10.2から更新してなかったのでOS代約10万+HDD交換代を払うかと思うと、ゴミ箱行きが濃厚になってきた…

graphviz でアンテナリモート取得グラフ にヒントはあったのに。3年遅れだ。

今の sid の graphviz は日本語が使えるようになっている事に昨日気がつく(fontname に日本語フォントttfを指定(.ttf を除いたファイル名) / dot ファイルは UTF-8)。

Graphvizドキュメントの日本語訳はここからゲット。

[]