2006-04-04

λ 702NKII 入手

「ウォレット」という多分内部で暗号化して保存していると思われるクレジットカード等の番号管理ソフトが最初から入っていた。 内蔵ソフトは想像以上にイイ。

作法が日本の携帯文化ではないってのは以前から聞いていたが、PDAだと思って使えば問題なし。Palm文化には近い気がする。 カナ漢字変換に全然期待してなかったら、予測変換はまあまあいけてる。

ソフトの入手についてはとりあえずここからスタート。

Bluetoothの機器名を変更した後にリセットしないと新しい機器名になってくれなくて困った。Bluetooth自体のオンオフは繰り返したつもり。

702NK レビュー Tips。 言語を「自動」と「日本語」の間を相互に変更するとリセットコマンドとして使えるバッドノウハウ。

λ Virtual Server 2005 R2: Now Available as a Free Download

Virtual Server 2005 R2 はタダになってしまった。わお。

ま、MS的にはゲストOS側のライセンス買えってことだな。

λ freeSSHd レビュー

この上で rsync.exe を動かせたりしないかしら。

λ [FreeBSD] 6.1-BETA4→PRERELEASE マシン 上に trac インストール

XServe で動いていたサービスの代替としてとりあえず 6.1-BETA4 マシン 上に構築してみる。

pkg_add ftp://ftp.jp.freebsd.org:/pub/FreeBSD/ports/i386/packages-6.1-release/All/portupgrade-2.0.1_1,1.tbz
pkg_add ftp://ftp.jp.freebsd.org:/pub/FreeBSD/ports/i386/packages-6.1-release/All/ja-trac-0.9.3.tbz
pkg_add ftp://ftp.jp.freebsd.org:/pub/FreeBSD/ports/i386/packages-6.1-release/All/sudo-1.6.8.12_1.tbz
pkg_add ftp://ftp.jp.freebsd.org:/pub/FreeBSD/ports/i386/packages-6.1-release/All/ja-less+iso-382.258.tbz
pkg_add ftp://ftp.jp.freebsd.org:/pub/FreeBSD/ports/i386/packages-6.1-release/All/cvsup-without-gui-16.1h_2.tbz

ports は portsnap で構築してみる。/etc/portsnap.conf

SERVERNAME=portsnap.FreeBSD.org
KEYPRINT=9b5feee6d69f170e3dd0a2c8e469ddbd64f13f978f2f3aede40c98633216c330
REFUSE arabic astro audio benchmarks biology cad chinese deskutils emulators finance french
REFUSE games german hebrew hungarian korean mbone multimedia news palm polish portuguese
REFUSE russian science ukrainian vietnamese x11-clocks x11-fm x11-themes x11-toolkits x11-wm

を書いた後、portsnap fetch; portsnap extract で出来上がり。次回以降は portsnap fetch; portsnap update で。

  • /usr/local/sbin/portinstall sysutils/daemontools
  • /usr/local/sbin/portinstall sysutils/smartmontools
  • /usr/local/sbin/portinstall sysutils/compat5x

$SVNDIR/conf/svnserve.conf の設定

[general]
anon-access = write
auth-access = write

apache22で mod_auth_digest の設定方法が随分変わってた。 /usr/local/etc/apache22/httpd.conf, /usr/local/etc/apache22/extra/httpd-ssl.conf, /usr/local/etc/apache22/Includes/httpd-trac.conf

その他書いた設定ファイル: /etc/rc.conf, /etc/ntp.conf, /etc/resolv.conf, /boot/loader.conf

今のとこさぼっていて各種デーモンを daemontools 管理下にしていない。

smartmontools での調査

  • smartctl -a da0
  • smartctl -t short da0; sleep 60; smartctl -l selftest da0
  • smartctl -t long da0; sleep 3600; smartctl -l selftest da0

cvsup してシステム更新したら 6.4-PRERELEASE になってた。

λ SQLite の管理

XServe(ppc) から FreeBSD(i386) に と異なるアーキテクチャ間でTracデータベースを移転するのに、バイナリのdbファイルのままだとさすがに駄目だった。 dump と リストア(実際にはSQL文を食わせるだけ) を利用して Trac 内の SQLite データベース再構築。

(ppc)% echo .dump | sqlite $TRACDIR/db/trac.db | bzip2 > trac_backup.dumpdb.bz2
(i386)% cp /dev/null $TRACDIR/db/trac.db
(i386)% bzcat trac_backup.dumpdb.bz2 | sqlite3 $TRACDIR/db/trac.db
(i386)% trac-admin /home/trac resync

最後の resync はSubversionリポジトリと一致しているかの確認のため行っている。(実際ディレクトリが異なっていたのでシンボリックリンクで対応)

cd /local; ln -s /home/trac; ln -s /home/svn
cd /; ln -s usr/local sw # Finkのディレクトリのふりをするため

当初はMSSQLServer系の インポート・エクスポート といった単語で調べていてなかなかたどりつけなかったり。

[]